目黒の不動産屋さんの思い出

私が最初に目黒の不動産屋さんにお世話になったのは、大学に入学したときでした。
大学の下宿を探すときに不動産屋さんを使ったのです。
大学に入学するときに、目黒の不動産屋さんをはじめて使った方も多かったんじゃないでしょうか。
そのときは不動産っていうのが、なんなのかわからりませんでしたが、法学部で勉強してから、物には、不動産と、動産がある、ということを勉強しました。
不動産を借りるときには、敷金や礼金というのがあるんですが、大阪などの関西地方では、敷金が高い傾向にあるんだそうです。
それに、敷引きという慣習があって、敷金からさらに礼金ようなものをひくという慣習があるそうです。
最近は賃貸のアパートも昔と比べて随分と安くなりました。